ハピネス

トレーニング情報も満載!カラダづくりと健康を応援するWEBマガジン

ダイエットにスイーツはありなの?ダイエットのご褒美は和菓子で決まり!

みなさんこんにちは!ハピネスライターのおしゅりです(*^▽^*)

今回は、日々ダイエットを頑張っている!!!皆さんに、
耳よりの情報をご紹介していこうと思います。

あま~いスイーツが大好きな方が多いかと思いますが、恐らくダイエット中は…
“ぐっっと我慢😭”していますよね。

しかし!!!
無理な食生活(食事制限)を一生ずっと続けることはできない。
と同じように、
大好きなスイーツをこの先もずっと我慢する。って、できませんよね?
それだと、ストレスが貯まる一方、決して健康的な日常生活にはなりません。
ダイエットに頑張っている「ご褒美」は必要です!時にはスイーツも食べたいですよね!

確かに、脂質のたっぷり入ったスイーツはダイエットにとって天敵です。
が!!実はダイエットに優しいスイーツも存在するのです。

それが、、和菓子です!

意外と知られていませんが、和菓子はダイエットに優しい食材なんです!甘いものは極力控えた方が良いと思っている方には嬉しいことですね(^^♪

もちろん何個もバクバクと食べていいわけではないです(笑)、食べ過ぎたら、さすがに太ってしまいますので、「どの位の量なら良いか?」や「いつ食べたら良いか?」などの情報とともに、「ダイエットの味方&ご褒美スイーツの和菓子」について詳しくご紹介してまいります!

 

なぜ和菓子はダイエット中に食べても大丈夫なの?

なぜ和菓子は食べて良いのか?まずはその理由から。「糖質と脂質」、「筋肉がつき、痩せやすくなる」の2つの視点に分けてご紹介していきます。

 

①糖質と脂質

今回は説明を分かりやすくするために「和菓子」と「洋菓子」を比較して、話を進めていきます。 

和菓子と洋菓子で悩む写真

まず、皆さんは和菓子と言ったら何を想像しますか??
おまんじゅう?大福?お団子?羊羹?あんみつ?今川焼?どらやき?等々
色々あると思いますが、和菓子に共通する点は、原材料として主に「米」「麦」「豆類」といったものが使用されており、そこに「砂糖」や「デンプン」を混ぜることで、甘さを出しています。

まとめると、糖質】が多い食べ物ということです!

逆に、洋菓子と言ったら何を想像しますか?
ケーキ?クッキー?チョコレート?プリン?マカロン?ドーナツ?等々
他にもたくさんありますが、洋菓子に共通する点は、原材料として主に「卵」「バター」「牛乳」といった脂質の含まれているものを使用しているということです。

和菓子に比べて、脂質】の多い食べ物ということです!

和菓子に多く含まれる糖質と、洋菓子に多く含まれる脂質。この2つだと、カロリーが全然違うのですΣ( ̄□ ̄|||)

糖質1gあたり4kcal vs 脂質1gあたり9kcal。脂質の方が2倍以上のカロリーを持っています。

これを食べ物に置き換えるなら、大福を1つ食べるのと、同じ大きさのケーキを食べるのでは、約2倍のカロリーの差があるということになります!

以上のような脂質の少なさが和菓子がダイエット中におススメ!である理由の1つ目です。

糖質と脂質についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。
糖質制限に対する誤解とは? 糖質の適切な摂取のすすめ。 - ハピネス
脂質は果たして太るのか?油との正しい付き合いかた - ハピネス

 

②筋肉がつき、痩せやすくなる

和菓子には糖質が多いとご紹介しましたが、糖質には他にもメリットがあります。
筋肉の材料になる「タンパク質の吸収を良くしてくれる」という点です。

糖質を食べるとインスリンというホルモンが出ます。このホルモンが筋肉の材料になるタンパク質を吸収してくれるため、筋肉がつきやすくなります。

筋肉がつくことで、基礎代謝(24時間、何もしなくても消費するエネルギー)が増えるため、脂肪がつきにくくなり、「体が引き締まったり」「痩せやすく」なります。

このことからも、和菓子はダイエット中におススメできるスイーツと言えます。

和菓子をくわえて筋トレする写真

和菓子との正しい付き合い方。いつ?どれくらい?

和菓子のメリットをご理解いただいたと思いますので、続いては、ダイエット中の和菓子との付き合い方、いつ?どんな時間に食べればよいか?量はどのくらい?について、ご紹介していきます。

①どれくらいの頻度で食べてよいの?
ダイエットの状況によりますが、朝昼晩の食事を正しくコントロールできていれば、基本は毎日食べても問題ありません。もちろん!!毎日食べて良いからと言って、何個も食べるのはNGですよ?笑(個数の話については、③でご紹介していきますね(^^♪))
「さすがに毎日は食べ過ぎでは...」と思われる方は、2日~3日に1回のペースで、自分へのご褒美♪として食べるのもいいですね!

 

②食べてよいタイミングはあるの?

正直いつでもいいです!(笑)と言うのも、人により食べたくなるタイミングや食べられる時間は違うので、固定した時間ではなくて良いです!しかし、それではさすがに適当すぎるので(笑)、おススメのタイミング2つをご紹介します!

~お昼&運動後がベスト!~

お昼の理由は、1日の中で脂肪になりづらい時間帯という点があります。人の特徴として昼→夜になるにつれて、食べたものを消費する【消費モード】から、食べたものをため込みやすくなる【貯蓄モード】なっていくという特徴があります。その為、夜のタイミングに食べると、脂質の少ない和菓子でも体に貯蓄しやすくなってしまいます。

運動後の理由は、筋肉に栄養が優先的に届くという点があります。運動をすると筋肉に蓄えられているエネルギーが使われる為、運動後はエネルギーが少ない状態になります。その場合は食事をして補う必要がありますが、その際に食べた栄養が優先的に筋肉に届くため、脂肪になりづらいのです!

下のイラストを見て頂くと、分かりやすいと思います!

運動後の栄養の届き先のイラスト

③どれくらいの量を食べてよいの?

ズバリ、お答えすると1個です!

理由としては、、、単純。止まらなくなります!

記事の冒頭でも申し上げましたが、和菓子だからといっても食べ過ぎはNG!です。私も和菓子が好きで、運動後に食べています。和菓子の中でも”おはぎ”が好きなのですが、私の行くスーパーには、なぜか2つ入りのものしか売っていません!

なぜ!?!??!

2つ入っているから、もう一つは残しておこう。。。と思っても無理です!
ほぼ確実に、2つ食べてしまいます!

2つ入りの和菓子の写真

ですので、1個がおススメです。
普通のスーパーやコンビニなら、1つ1つ個包装で売られているものが多いので、お好きな和菓子を食べて頂くのが良いです(*^▽^*)

 

~まとめ~ ダイエット&和菓子 5つのポイント

最後に今回のまとめです。

●ポイント1
→和菓子は洋菓子に比べて脂質の少ない食べ物なのでカロリーが低く、ダイエット向きの食べ物である!

●ポイント2
→和菓子には糖質が多く、糖質には筋肉をつけやすくなるホルモンを出す効果があるので、筋肉がつくことにより痩せやすくなる!

●ポイント3
→食事が正しくコントロールできていれば、毎日食べても大丈夫!まだダイエット初期の場合は、2日~3日に1回、自分へのご褒美として!

●ポイント4
→食べるタイミングのベストは、脂肪に一番なりにくいお昼と運動後!

●ポイント5
→食べるのが止まらなくなる!!ので、「1つ」にすること!

 

ダイエットのご褒美は、和菓子で決まり!!この5つのポイントを踏まえて、甘い食べ物を味方につけて、楽しくダイエットをしていきましょう!

最後に。洋菓子派の皆さん、大変申し訳ございませんでした!!m(_ _)m

トップへ戻る

FOR THE HAPPINESS OF YOUR LIFE!
~よりゆたかなライフスタイルへ~

© BodyBase All rights reserved.